妊娠中の方の新型コロナウイルスワクチン接種について

2021年8月14日

 妊娠中の接種については、いつの時期でも接種が可能です。心配な方は器官形成期(妊娠12週まで)を避けることをおすすめしていますが、現時点で明らかなワクチンによる催奇形性(胎児に奇形が起きること)の報告はありません。ご不安な方は主治医とご相談ください。

 妊娠中(特に妊娠後期)に新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすく、早産のリスクが高まるとされており、このワクチンは発症を予防する効果、重症化を予防する効果が期待されています。

 現在、沖縄県では新型コロナウイルスの感染が拡大し、妊娠中の方の感染も多く確認されていますので、感染リスクの高い職業についている方や基礎疾患をお持ちの妊娠中の方は、ぜひ接種をご検討ください。

 また、妊婦さんの感染ルートの8割が、夫やパートナーからの感染といわれていますので、パートナーや同居家族の方も接種をぜひご検討ください。

 ワクチン接種にあたっては、事前にかかりつけの産婦人科医師により接種可能であることを必ず確認してください。産婦人科医と事前に相談を行っていない場合、接種会場の診察医の判断で接種できないことがあります。

【関連リンク】

 沖縄県:新型コロナウイルス感染予防について~妊婦・ご家族の皆様へ~

 日本産婦人科感染症学会:新型コロナウイルスワクチン(mRNAワクチン)Q&A(外部リンク)

 厚生労働省:新型コロナワクチンQ&A(外部リンク)

 公益社団法人:日本産婦人科医会HP(外部リンク)

このページの上部へ戻る