住民福祉

  

国民健康保険について


国民健康保険とは

国民健康保険(国保)とは、病気やケガをしたとき、安心して医療機関を受診するために加入者(被保険者)がお金(国保税)を出し合って、医療費を補助する制度です。
加入者が納める国保税によって、国保の運営が支えられている大切な財源です。

国民健康保険に加入する方

大宜味村に住む、下記に該当する方を除いて、全ての方は加入しなければなりません。
・勤め先の健康保険に加入されている方と、その扶養家族
・生活保護を受給している方
・後期高齢者医療制度に加入している方(75歳以上)
※在留期間が3ヶ月以上の外国人の方も国民健康保険の適用対象となります。
※65歳以上の方で一定の障害がある方は、「後期高齢者医療制度」の適用を受けることができます。詳しくは、住民福祉課(☎0980-44-3003)までお問い合わせ下さい。


国民健康保険の届出・手続き

国民健康保険の加入・喪失する際は、事由が発生した日から14日以内に届け出が必要です。
加入の手続きが遅れても、加入日は事由が発生した日となり、保険税も遡って納めることになります。加入の届け出までに医療機関等にかかった際は、届け出が遅れたことがやむを得ない場合を除き、医療費は全額自己負担になります。

国保に加入するとき届出に必要なもの
他市町村からの転入・印鑑
勤め先の健康保険を脱退したとき
扶養からはずれた時
・勤め先の健康保険の資格喪失証明書
・印鑑
子どもが生まれたとき・国民健康保険証
・印鑑
生活保護が廃止になったとき・保護廃止決定通知書
・印鑑
外国人が入国したとき・在留カード

国保を脱退するとき届出に必要なもの
他市町村へ転入するとき・国民健康保険証
・印鑑
勤め先の健康保険に加入
扶養に入ったとき
・国民健康保険証
・勤め先の健康保険等に加入したことがわかる証明書(保険証等)
・印鑑
死亡したとき・国民健康保険証
・印鑑
生活保護を受けるになったとき・国民健康保険証
・保護決定通知書
・印鑑
出国するとき・国民健康保険証
・印鑑

その他、介護保険・老人福祉・後期高齢者医療等についてのお問い合せは
住民福祉課 福祉・保健衛生係まで(☎ 0980-44-3003)

このページの上部へ戻る